フリーエリア

Google
Web お客様のドメイン名

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

リンク

プロフィール

tokyo2s

Author:tokyo2s
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

最近のコメント

東京散歩ウォーキング
東京の公園、庭園、そして散歩道を歩いていきます! 良いところをご紹介したいですね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛西臨海公園5
葛西臨海公園5

一番東側を通る道を歩いていると、
ようやく人影が現れました。
それは後ろからサイクリングの親子などです。

よく見ると、この道の真中には、自転車が走りやすいように、
つるつるの石が張ってあるし、
それ以外は、土の道です。

また良く見ると、変な人造の樹木が立っています。
人造というか、人工と言うか、変な木です。
近くで見たら、街灯でした。
そうです、街灯についても、この公園に、この森に溶け込ませる為に、
樹木の形をしているのでした。

うーん、色々時を使っているものだ。
確かに、一瞬は、街灯とは思わなかったからね。

それから東側の突端まで来ると、
遠くにディズニーランドや、ディズニーシーの火山が見えます。
いい景色です。
海岸に出ることも出来るので、石の海岸の上で釣をしている人もいます。

それから、土の道を散歩を続けます。
戻る途中の右側に、黒い果実のなる木を見つけました。
グミか?変な野草系か?
いろいろと見てみると、そこには巨大な樹木がありました。
下には、黒い実が落ちて、踏まれて、種や中身が一杯出ています。

歩いても歩いても、次から次へとこの果樹が生えていました。
そこで・・、
食べてみることにしました。黒い怪しげな果物の正体は?
たぶん品種改良されていない、さくらんぼの一種ではないでしょうか?
もちろん科学的な根拠はありませんが、
味が野性的で、少し酸っぱく、でも甘いし、
中に入っている実が大きいけど、
なんだかさくらんぼの実にそっくり!
アメリカンチェリーのようなさくらんぼではないかな??

それから、更に行くと、今度は、露出した岩山に見えた所に来ました。
なんと、ここは、展望場所で、
つまり、野鳥には、岩山に見せて、
人間は、その中から監視できるという、優れモノの監視場所です!
まあ鳥ならば、このくらいのイミテーションで騙せると思ったのでしょうが、
ディズニーランド並に凝ったつくりですね。

ここで、先ほどの汽水こと淡水湖を分けた道に合流し、あとは真直ぐ進むと、
直ぐに葛西臨海公園駅に到着しました。
中々大きいし、また、ほとんど人がいない野鳥側の公園もあって、
楽しい公園でした。
野鳥側は特に人もいないので、
のんびり散歩ウォーキングするには最適でしょうね!


スポンサーサイト
葛西臨海公園4
葛西臨海公園4
それから、暫く行くと、左への細い道がありました。
これが掘っ立て小屋への道だろう・・。
降りてみました。
まさに山道です。
今までは石で舗装した道路みたいだったけど、
この分かれ道、蜘蛛とか一杯います。
くねくね行くと、
ありました!掘建て小屋の監視小屋です。

ここは、野鳥をより間近からみるための、そういう監視小屋のようです。
中に入って覗いてみました。

うーん。あまり見えない。
今は季節が悪いのかなあ。
先ほどの説明書きには、
この葛西公園には、驚くほど沢山の鳥たちがやってくる。
何百種類もの鳥や生物たちがやってくるとか書いてありますが、
とりあえず、今のところはそれほど見えませんでした。
池の水も少なめで少し寂しいかな・・。
そんな感じです。

中の張り紙には、葦切りのボランティアの広告もはってありました。
これは、池の葦が増えすぎると、
富栄養化して、あまり良くないので、
それを除去する為のボランティアのようです。
葛西公園でも、いろんなことをしているんですね。

それから元の道に戻ろうとしたら、
凄い看板がありました。
注意書きとして、
”鳥に気付かれないようにしてください”

えー??
鳥に気付かれないようにって、
静かにしろ!なら分かるけど、
気付くか気付かないかは、鳥のことだから分からんよ~!
まあいいけどね。

そんな面白い看板を見ながら、散歩し続けます。
葛西臨海公園3
葛西公園3

今回、葛西臨海公園に来て、
渚に行って、それからバードウォッチングの展望台に登り、
2つの池をぼうっと眺めていました。
ふと見ると、右側にあやしい監視小屋らしき、掘っ立て小屋が・・・
これは追究するしかない!

それから、展望台を降りて、
池の向こうに見える掘っ立て小屋の方に行ってみることにしました。

そもそも、このバードウォッチングの展望台には、人は20人位はいます。
渚の砂浜に比べれば少ないですが、
それでも、熱心に鳥を見る人もいて、
結構にぎわっています。

ですが、それらの人たちが、ここから次の場所へ進む場合は、
ほとんどの人が、まっすぐ北へ向かって、
駅のほうへ戻って行くのでした。

実は、この展望台の周囲には、2つの池があって、淡水湖と汽水湖があります。
汽水湖については、一応説明すると、まあ海の水と真水が混じった領域ということです。
その淡水湖と汽水湖を分ける道が、
景色も良くて雰囲気も良くて、良い感じに歩き易いので、
ほとんどそこを通り抜けて、駅方面に向かってしまうからです。

しかし私が向かう掘建て小屋方面は、誰一人向かう気配がありません。
方向的には、東京ディズニーランド方向、つまりは東方向ですが、
東へ東へと、人のいない方角へと向かって行くので、
本当に静かなものです。
ゆっくりと歩いていきますが、前にも後ろにも、人の気配が無くなってしまいました。
ここは本当に葛西臨海公園なのか?
そんなあやしげな雰囲気が漂ってきました。

葛西臨海公園1
葛西臨海公園1

今日は葛西臨海公園へ

私はたまたま来たことがなく、意外と楽しみでした。
今日は土曜日というのに、
意外や意外、人は盛りだくさんいます。
あっちもこっちも家族連れ・・・。

ただ観覧車と、水族館と、砂浜渚があるだけだと思っていたけど、
その割には、意外といました。

とりあえず、砂浜をみたいので、真っ直ぐ進みました。
すると大きな橋が見えます。
鉄筋コンクリートのつり橋なんだろうけど、
幅は適度な狭さで、長さは意外と長いので、
高さは全然ないけれど、渡るのに、予想以上に緊張する橋だなあ。

ぶらぶら橋を渡ると、
そこは西渚でした。東にも渚がありますが、
そこは、科学的な実験用の砂浜で、
無人の場所として、野鳥の保護や、植生か何かを調べているらしい。
うーん。
東京都も面白いことするね。

渚では、右側は自由にBBQとか、出来るエリアらしく、
左側は、駄目なんだって!
そんな分け方あるのか?
でも、まあ有と言えばあり。
しっかり区分けが出来ればOKでしょう。
左側では、カップルでバドミントンとかスポーツをやっている人もいますし、
右側では、家族でBBQとかいますし、
ちょっと羨ましい感じです。


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

RSSフィード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。