フリーエリア

Google
Web お客様のドメイン名

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

リンク

プロフィール

tokyo2s

Author:tokyo2s
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

最近のコメント

東京散歩ウォーキング
東京の公園、庭園、そして散歩道を歩いていきます! 良いところをご紹介したいですね!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉城亥鼻城5

それから、郷土博物館の2階、1階へと降りていく。
2階は、何かよろいかぶとが沢山あった。
特に記憶が薄いですね。
それから、1階は、千葉市の歴史変遷と説明です。

まあいろんなことが書いてあって勉強になりますね。
千葉村は、江戸時代には、わずか1万人以下の街であり、
1889年の明治の市町村制が導入された時にも、
まだようやく人口1万人程度の町であったこと。
(ちなみに、今の都道府県庁所在地は、ほとんどが明治に市町村制度導入時に既に”市”に昇格していた)

千葉市は1921年に市になったけど、
そういえば、何故かこの21年と言う年だけは知っていたなあ。
頭の中の記憶にありました。
当時は人口4万人程度・・。
市町村の人口を覚えるのが趣味の私としても、
何でこんな千葉市の市制制度導入年に関する記憶があったのか、
凄く不思議だけど・・。

千葉市といえば、
昭和45年には、まだ人口50万前後で、
とても政令都市を狙える都市ではなかったが、
まあそもそも近隣都市を合併し始めたのが遅く、
小さな都市だったからだろうね。

横浜みたいにどんどん合併して、
船橋とか市川も合併すれば、
一気に200万人都市にもなって名古屋を抜くかあ?
まあいいけど。

あと、奈良屋とか、扇屋などの百貨店のこと、
千葉駅が、市役所センターとか栄町の方にあったこと、
蘇我町や土気町を合併したこと、
などいろんなことが展示され説明されていた。
まあ千葉城と言っても、ただの普通の博物館だから、
普通に楽しかった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tokyo2s.blog62.fc2.com/tb.php/23-581345f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

RSSフィード

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。